確定申告

いつもこの季節 この話題になってしまいますが
ホームページをリニューアルしてから最初のこの時期ですので
確定申告で住宅に関係する部分にふれたいと思います。

新築をした時 住宅ローンを借り入れた場合など
住宅借入金等特別控除が(いわゆる住宅ローン減税)受けることができるのを
知っている人は多いです。
しかし、リフォームでもこの控除を受けられる場合があることは
意外と知られていなかったりします。
また、借入金がない場合でも 条件に当てはまる改修工事をした場合に
住宅特定改修特別税額控除が受けられます。
省エネ改修やバリアフリー改修工事がそれにあたります。

特に 50歳以上の人が自宅のリフォーム工事をした場合、
バリアフリー改修工事に当てはまるかどうか調べてみるといいと思います。

高齢者等が自立した日常生活を営むのに必要な構造及び設備の基準に適合させるための
増築、改築、修繕又は模様替
・通路又は出入口の拡幅
・階段の勾配の緩和
・浴室の改良
・便所の改良
・手すりの取付
・床の段差の解消
・出入口の戸の改良
・床材の取替

http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1220.htm

最近は スマホでも確定申告ができるのでアナログな私は驚きです。

いつか スマホで確定申告 してみたいと思います。(C)