古民家再生:和室

    格天井(ごうてんじょう)
    伝統的で最も格式の高い天井様式といわれ、お寺や神社、お城などにも多く使われています。
    木目が美しく活かされています。

    床柱は天然絞りで、特に長押等と交差する部分をいかに美しく仕上げるかが、
    大工さんの腕の見せ所です。

    縁側のカーテンは「すだれ調のロールスクリーン」にしたので、
    美しい庭園が透けて見えてとても趣があります。

 
 

 

>>【古民家リノベーション】の一覧ページに戻る